FC2ブログ

吹き抜けちゃいました 

画像 001

早いものでバトルオブミニから2週間がたってしまいました。

やっとエンジンを開けてみることにしました。

1,2番は圧縮ありそうです。

画像 002

3,4番はまるで圧縮がありません。

中は見なくても大体想像はつきましたね。

画像 005


おみごと!

予想どうり。

次回はケチらずにメタルガスケットを入れてみましょう。

SUPER BATTLE of MINI 第1戦 

画像 015

3月3日 SUPER BATTLE of MINIの開幕戦です。

仲間と強風の筑波サーキットに行ってきました。

今回はミニだけでなくいろんな英国車も参加していました。

画像 016

見ているだけでもワクワクしてきます。

私は特にこの赤いひーれーがたまりませんでした。

いつかはこんな車に乗りたいものですね。

画像 013

タートルカップも同時開催でより多くのミニがあつまりました。

タートル軍団の勢ぞろいです。

すごいですね。みんなピカピカ。

画像 032

ピースワークスからは2台のエントリーです。

私のピースワークスミニと今回サーキットデビューのSさんとの2台です。

色々お世話するつもりが結果お世話になってしまいまして、申しわけござい

ませんでした。

画像 012

目標タイムを1分25秒としましたところ24秒を出し華々しいサーキット

デビューを飾りました。

画像 028

無事走行も終わり大満足のSさんです。

次回もガンバリましょう。

無事じゃなかったのは私のマシンです。

今回スケベ心をだして圧縮をかなり高めにしていったことが裏目にでて、へ

ッド吹き抜けるかもが予定どうり吹き抜けてしまいました。

それでも30分の走行会は走れましたのでそれなりの結果はえられました。

それで良しとしましょう。

画像 037

次回とは言わず今年中にはこのカワイイトロフィーが欲しいよ~。

でも楽しい1日でした。

さあーみんなもミニでサーキットを思い切り走ってみましょう。

最後に動かなくなった私のマシンを押してくださいましたSさんと仲間のみ

んな有難うございました。

SUPER BATTLE OF MINI 

画像 002

12月1日は三和さんの走行会で筑波サーキットに行ってきました。

私のピースワークスミニはこの日のために少しだけバージョンアップしてみ

ました。

1-1/2のSUツインキャブ。ブルーのファンネルがカッコイイでしょう。

中身はカムを換えてオリジナルの軽量フライホイルを付けてみました。

画像 001

前回不調になった燃料ポンプを電磁式のものに換えてトランクルームに取り

付けてみました。

ついでにバッテリーも交換しました。ちょっと小さめでしょ。これは軽自動

車のものでだいぶ軽いです。

エアコンもないし夜走ることもないので大丈夫でしょう。

当日は残念ながらサーキットに着いたら雨が降りだし、ドシャ降りになった

り日が射したり最悪の天気です。

そんな訳で走行中の写真は1枚もありませんでした。

雨の走行でしたがそれずれ改造した結果が得られたので満足でした。特に前

のブログに書いた1300のヘッドを載せた1000はとても快調でしたの

でオーナーのNさんも大喜びでした。

画像 003

もう1台のピースワークスミニはインジェクションのSさんです。

初めての筑波が雨でかわいそうでしたが本人は満足したようでした。

これで今年の走行会は終わりですがまた来年も皆でガンバリましょう。

それまでにまた少し手をいれてみたいですね。

そうそうもう1人仲間がいるのですが、その彼が7ポートのヘッドを買った

のでさー大変。来年はAクラスだね。

シリンダー彫っちゃいました 

画像 001

完全防塵対策です。

何か手術のようですね。

これで木工用のトリマにローターヤスリを付けて慎重に彫ります。

画像 003

意外とうまいでしょ。

結構シビアな加工が出来ました。

手仕事ですからこのくらいでカンベンしてください。

画像 004

面研してあるヘッドなのでウォーターポンプのこの部分が当たります。

また一仕事。

そんな簡単には終わりませんね。

画像 001

最後にサーモハウジングの方向がちがうのでラジエターステーも作りました

やれやれ

やっと試乗です。

今まで作ったナンチャッテヘッドよりどうもパワーはありそうです。

あとはウェーバーのセッティングしだいですね。

12月1日の三和さんの走行会は楽しみですね。

12G940ヘッド 

画像 006

12G940ヘッドですが気おつけてみてみましたらキャブクーパーもイ

ンジェクションのエンジンもみんな12G940ヘッドなんです。

そこで古い本で調べてみましたらMk-Ⅲの時代から登場したようです。

そしてそれらをベースにチューニングヘッドが作られていたようです。

後で気がついたのですが、このヘッドの上面には22と燃焼室容積らしい

打刻がありました。

これらの話をお世話になっているミニ屋さんでしてみましたら「それはきっ

とリチャードロングマンのステージⅡあたりだろう。」との事。

ちゃんと確かめもしていませんが、私達の間ではリチャードロングマンと

浮かれております。

画像 004


ポートも大きくピカピカです。

Nさん自らきれいにペイントしました。

最初のサビサビから比べたらすごく綺麗。

何か速そうに見えませんか。

画像 008

1300のヘッドを1000に載せるにあたり最大の問題は、排気バラブが

ブロックに当たることなんです。

そのためブロックにバルブの逃げを彫らなければなりません。

排気バルブに光明たんを塗って当たる場所を確認してみます。

画像 011

左右に綺麗な三日月形がマーキングされました。これを基準に大きさ、深さ

を決めてゆきます。

機械加工屋さんに出さずにしかも車載のままで彫るって無謀ですかね。

画像 012

前から不思議な形の1000のガスケット。

この加工にドンピシャリ。どうゆうこと。

誰かおしえて!

ナゾの11スタッド 

画像 001

以前Nさんが手に入れたエンジンについていたヘッドがイレブンスタッドな

ので気になっていたのですが、これを今回1000に載せようということで引っ

ぱりだしてきました。

スペックを調べてみると1ミリほどの面研。

インテークバルブが36ミリ。エクゾーストは29.5ミリ。

燃焼室容積は22CC.

かろうじて読める12G940と言う番号からクーパーヘッドではないだろ

うか?いやこの際自分たちがそう信じ込めばクーパーヘッドに違いない。

それでいいのだ。

明日からはこのクーパーヘッドを1000に載せる準備をはじめます。

タートルさんのブログにも似たような記事がありましたね。いろいろ教えて

くださいね。



SUPER BATTLE OF MINI 

画像 018

9月17日 スーパーバトルオブミニに出場するために筑波サーキットに

行ってきました。あ~暑かった・

画像 021

今回は何と140台の参加でどこを見てもミニ、ミニ、ミニだらけです。

画像 007

体調を考えて走行会のみのエントリーにしました。レースの出場はもう少し

したらしましょう。

さあーコースイン。

久々の筑波サーキットです。

画像 001

1回目の走行を終えたところでオイル漏れとオルタネーターが充電してない

トラブルが出たので2回目の走行を止めて修理に専念。

画像 002

何とかトラブルを修復して3回目の走行にかけてみました。

快調に周回を重ね以前より問題だったオバーヒートもこの間のサンポール

が効いたのか問題なし。それより体の方が問題。

これまで1300ノーマルにこだわってきましたが、やはり上のクラスを

狙いたくて少しずつチューニングアップしてゆこうと思います。

タートルクラブマンカップ 

画像 055

8月22日タートルクラブマンカップに出場するために富士スピードウェイ
に行ってきました。

辻堂のSさん、小田原のNさん、南足柄のIさんそして大井町の私と。
まあ、チーム湘南とでも言ってみましょうか。

画像 056

今回、色々目的がありましたが第1の目的はSさんのサーキットデビュー
をお手伝いすることです。

Sさんは先日ピースワークスでミニを購入されたのですが、その時レース
をしてみたいと相談受けましたので今日のこのイベントを紹介し同行する
ことになりました。

最低限の装備のお話をしたとこる6点式のロールゲージとバケットシート
4点式シートベルトをすぐさま取り付けるとこなんかかなり熱い人みたい
ですね

画像 010

午前中の走行も無事終わり、そのタイムによりクラス分けとスタート順が決
まります。
Nさんが3番、Sさんが4番そして私が6番でした。
この3名がCクラスで、もう少しタイムの良かったIさんはBクラスになり
ました。

画像 011

無事スタート。
Sさんが3番で私が4番Nさんが5番とやや出遅れました

画像 020


2週目に入ったところでSさんが大スピン。
私は難なく3番手へ。

画像 021

その後前の2台をパスして私が7週目にトップに立ちました。
しかしそこまで。
病み上がりの体は限界です。
泣く泣くリタイヤです。

その後Nさんがトップ争いをするのですが、こちらはキャブのリンケージ
が外れてしまいリタイヤ。

画像 038

スピンで最下位意になったSさんですが、猛烈な追い上げでリタイヤや失格
になった選手がいたのか、おわってみれば2位入賞でした。

めでたしめでたし!

復活(その3) 

画像 005

サンポールでエンジン内をお掃除します。
このサンポールを使うことは何処かで聞いたような、何処かのブログで見たような。
もしかしたら都市伝説?

騙されたつもりで1個140円のサンポールを3個買いました。シリンダーヘッドを仮組みした状態でサーモのところから

画像 006

ウォーターポンプのところはアクリル板でこんな物作ってもました。

しばらくすると白い泡が出てきて何かイイ感じ。

そこからはジャンジャン水を流し込み洗いまくりました。

最後に中和しなければいけないかなと思い、奥様にお願いしてキッチンにあったお酢をいただいていれてみました。
知らない人が見たら変ですよね。バラしたエンジンにお酢をかけてる姿たは。

でもなんだかとても綺麗になったので悪乗りしてラジエターもやってみました
こちらは2本でちょうどよっかたようです。

画像 004

タナ落ちしたピストンはしょうがなく新品をいれてみました。

画像 002


その他は子メタルとクランクのスラストメタルを交換します。こちらはオーバーサイズを購入しました。

いろいろ書く事あるんだけど、明後日タートルカップに出場するのに今エンジンが乗ったとこなんでドタバタです。
いつもの事なんですがね。

タートルクラブマンカップに向けて(その5) 

画像 002

やっとバックギヤ様が到着しました。
イギリスはオリンピックで忙しいでしょうかね。
さあ、パーツはそろったのでエンジンを組み上げてしまいましょう。

画像 003

センターオイルピックアップもサーキット走行には必需品ですね。
今回これも用意しました。

画像 004

ずいぶん予定が狂ってしまいましたが、やっと完成しました。
8月22日のタートルクラブマンカップが楽しみですね。