FC2ブログ

本日は、Newminiのオイルパンガスケットの交換です。 

DSC_0386.jpg
オイルパンを外す下準備としてバンパーレインホースとバンパーを外しておきます。外さないとACコンプレッサーがオイルパンが外せません。ううううううう・・・・・・・。
DSC_0380.jpg
こんな感じでACコンプレッサーの取り付けボルト1/2を上2本下1本を外してコンプレッサーをずらしておきます。上の右のボルトが手が入らずバンパー関係を外しておかないと緩める事が出来ませんでした。
DSC_0383.jpg
悪戦苦闘の末やっとオイルパンを外しました。
DSC_0382.jpg
ちなみにオイルパンのボルトはたてにささっているボルトは10mmで横から3カ所は15mmのボルトで15mmはかなりのトルクで締まってました。
DSC_0385.jpg
綺麗に掃除してガスケットを交換の上、さっさと組み付けましょ。

フロントブレーキ、ローター&パッド交換 

ドライブシャフトから古いローターを外します。
DSC_0350.jpg
ローター外したらドライブフランジを止めている9/16のボルトを外しローターからフランジを外します。
DSC_0351.jpg
ドライブフランジを新しいローターに取り付けます。
DSC_0352.jpg
新品のローターの表面には錆止めのため油が塗られていますのでブレーキクリーナーなどを使い良く脱脂をしておきます。
DSC_0361.jpg

DSC_0363.jpg
拭き終わったらドライブシャフトにローターを戻しキャッスルナットをしっかりと締めて最後に新品のコッターピン(割ピン)を入れます。
DSC_0353.jpg
最後に割りピンをハンマーで曲げてローターは終了です。
DSC_0354.jpg
ブレーキは明日書き込みます。

ミニのラジエーター&冷却系フラッシング 

本日は、冷却水が茶色になってしまったミニの冷却系フラッシングをしました。
DSC_0048.jpg
サーモケースに入るホースを外し、そこに水道ホースを突っ込みます。後は茶色が透明になるまで水道水を流し続けます。
DSC_0045.jpg

カバナ製 シートカバー装着例 

カバナ製 シートカバーを取り付けました。車は91年モデルキャブクーパー。シートカバータイプはパディントンでブラックベースに赤パイピングで作ってもらいました。車に装着した状態でも取り付け可能ですがシートに被せるときに結構な力を入れないとぴったしこないので当店ではシートを外し装着してます。

_L8A6749_R.jpg

_L8A6748_R.jpg

ミニのヘッドライトをHID化 

ミニ乗りの皆さん、ミニのヘッドライトは暗いと思いませんか?そこでHID化してみました。今回装着したHIDはHIDスライドバーナーキットを使い35W、6000Kのタイプを使いました。ライトを点けた状態は下記の画像で確認していただけるとおり白色でかなり明るくなりました。

IMG_5968.jpg

まずライトベース(おかま)のリベットを外しました。付いてても装着可能だと思いますが外すとスペースが取れてグッと作業がやり易くなります。

IMG_5948.jpg

下記の画像のようにプラッチックのお釜に配線を通せるだけ穴を開けHIDユニットの配線を通します。穴は最小限の大きさにしといて配線を通したら液体ガスケットやシール剤などで湿気が入らぬように処理してください。

IMG_5962.jpg

画像で確認していただけるようにバラスとはインナーパネルの所に穴を開けタッピングビス止めしました。イグナイタは電動ファンの配線にタイラップで固定しました。イグナイタがかなり熱を持つみたいで少し心配でしたが点灯した状態でしばらく様子をみて確認した所、問題無しでした。

IMG_5966.jpg

今回、99年モデルのクーパーヘリテージに装着したのでヘッドランプレンズ自体は純正のワイパックにそのままバルブ交換の要領で装着いたしました。1000ccやシールドビーム装着のミニの場合はヘッドランプレンズの交換が必要になりますが装着可能ですので是非、挑戦してみてくださいね。




エンジン&ミッション オーバーホール完了 

IMG_5692.jpg
ミッションのOHが完了して、エンジンと合体させていきます。今回タイミングチェーン及びカムシャフトギア及びクランクギヤはダブルのタイプに交換しました。左がノーマルのシングル、右が今回使用したダブルのタイプです。

IMG_5766_R.jpg
今回、交換したパーツ類です。記事には入れてないですが、オイルポンプや、クラッチディスクも全て新品交換致しました。

IMG_5768_R.jpg

デフ OH 

IMG_5707.jpg
デフの部分です。

IMG_5706.jpg

画像で黒っぽく見える部分が摩擦により削れています。ここにがたが出来てそのままにして置くとデフサイドギヤーがガタガタになり異音が出たり動力がうまくドライブシャフトに伝わらなくなります。

IMG_5710.jpg
ピニオンギヤとスラストワッシャーが摩耗しています。ピニオンシャフト、ロックワッシャーと合わせて交換しました。

ミッションOH 続き 

IMG_4339_R.jpg
ミッションのシンクロリング4枚交換します。画像右に見えるギヤから数え3個目のギアの間にあるのがシンクロリングです。シンクロの内側には溝が切ってありますがその溝が減ってくると俗に言う「ギヤなり」が起こります。今回シンクロはQED製で交換しました。

IMG_4341_R.jpg
このシャフトはレイシャフトと言われるシャフトで指で指している部分に摩耗した後があり、実際に動力を伝えるギヤが刺さるシャフトなので摩耗していると問題です。これも交換します。

IMG_4347_R.jpg
このベアリングが1stモーションベアリングで、このミッションは特に破損していないようですが、反対側にある3rdモーションベアリングとあわせ新品で交換しました。

IMG_4345_R.jpg
レイシャフトが入るケースの根本にある銅製のワッシャーも摩耗していて肩が出ているので反対側と併せ交換しました。

エンジンOHその2 

IMG_5601.jpg
8個あるバルブリフター(バルブフォロワー)の先端は摩耗して傷ついています。今回全て交換します。
IMG_5664.jpg
1300インジェクション車のピストンとピストンリングです。メインベアリング(メタル)を交換します。
IMG_5673.jpg
画像手前側の受けの部分がメインベアリング(ベアリングと言っても普通のベアリングと違います)奥の青色にの液体が塗ってあるシャフトがカムシャフトで今回マイルドロードタイプで約2mmリフト量が増えるハイカムを入れて組みます。

エンジン・ミッションOH 

ブログにアップできず、貯めていた画像でエンジン及びミッションのオーバーホールを報告致します。
IMG_5595.jpg
シリンダーヘッド、シリンダーブロック、ミッションケースを分割してバラしていきます。
IMG_5598.jpg
この円筒状の筒みたいなパーツはカムフォロワーといい、プッシュロッドのエンド部分に付いており、カムの回転により、このパーツがプッシュロッドを上げたり下げたりしています。画像でご覧頂く通り先端がギザギザになっており今回、このパーツは新品に交換します。