FC2ブログ

ドライブシャフトアウターブーツ 

今日はドライブシャフトのアウターブーツです。
車は駆動部分のグリスが必要な所には大抵ブーツが付いています。
破れたブーツと新品
ブーツは中のグリスやジョイント部分などを水やゴミなどから守ってくれています。
しかしゴムの部品なので年月がたつと破れてしまったり亀裂が入ったりしてしまいます。
破れてしまうと中のグリスが流れ出てしまうだけでなく、水などの侵入によって錆びや、ガタが出てしまったりします。
車検などでもチェックされる部分ですが、破れているのに気付いたら早めに交換しましょう。
ここもラックブーツ同様、当店では交換時、国産の耐久性の高いブーツを使用しています。

デフサイドシール 

ミニはオイル漏れしやすい車だとよく言われます。
しかし、大抵漏れやすい場所も決まってますのでしっかり整備してやれば大抵止まります。
そこで漏れやすい場所の中にデフサイドシールがあります。
ドライブシャフトの根元、デフのサイドに付いているオイルシールです。
交換するには足廻りを外してドライブシャフトを抜かなくてはいかないので少し大変です。

オイル漏れしているオイルシール   古いオイルシール
オイル漏れしているオイルシール   外したオイルシール
綺麗にします   しっかり打ち込みます
新品を付ける前に綺麗にします。    しっかり打ち込みます。

オイル漏れが気になる方は一度チェックしてみると良いと思います。
後は定期的にオイル量のチェックも忘れずにしましょう。

リアブレーキシュー 

ミニはフロントはディスクブレーキですが、リアはドラムブレーキです。
今日はリアのブレーキシューの交換です。

フロントブレーキパッド同様にリアのシューも消耗品です。
ミニはフロントに多くの加重が掛かるため、リアのシューはフロントに比べると減りにくいです。
ケースのボルト   ドラムケースの中 
ドラムケースのボルト           ケースの中
シューの面取り   シューの取付
シューの面取り               取付時はバネの左右、シューの向きに注意

交換するにはフロントタイヤに輪留めを掛けサイドブレーキを解除して、リアをジャッキアップでホイールを外し、この間書いたブレーキ調整のボルトをゆるめます。
そしてドラムケースの表に一本+のボルトがあるのでそれを外すことによってケースが外れます。
外れにくい場合はハンマーでケースを叩いてやると外れやすくなります。
シューは上下に付いているバネで固定されていますので、上から外側に引っ張って外しシューとバネを外します。
シューを交換する場合は取付前に必ずフロントブレーキパッド同様にシューの面取りをしましょう。
きちんとしないとブレーキ無きなどの原因になります。
ブレーキ調整のボルトの所や、金属が当たる部分にはブレーキ用グリスなどを適量付けておくと良いです。
取付時の注意点は左右のシューに下側のバネを取り付けてからはめます。
下のバネには左右があるのと、シューも左右で対称になるので外す前に見ておいて間違えないようにしましょう。
そして上側のバネを付けてしっかりバランスを見てケースを戻しボルトで固定します。
最後にブレーキを調整して終了です。

燃料フィルター 

今日は燃料フィルターです。

インジェクションのミニの燃料フィルターはリアのサブフレームの左側に付いています。
丁度タンクの下あたりです。
燃料フィルターの場所  燃料フィルター新品
燃料フィルターの場所          燃料フィルター

燃料フィルターは名前の通り燃料に混じってしまったゴミなどを除去してくれるフィルターなのですが、ここが詰まってきてしまうとガソリンの流れが悪くなるだけではなく、燃料ポンプにも負担を掛けてしまいます。
ここも定期的に交換するのがお奨めです。
交換時の注意点としては、極力タンクのガソリンは抜いておいた方が良いです。
勿論、交換時にガソリンが漏れますので火気厳禁、作業にも注意が必要です。
ちなみに当店では、燃料フィルター3860円~4380円(年式により)+工賃が3800円で出来ますのでオイル交換の時などにお気軽にお問い合せ下さい。

ねぶた祭り。 

ピースワークスがある、藤沢市六会地区で8月21日、8月22日の二日間でねぶた祭りが開催されてます。

山車の数は少ないですけど毎年結構人が集まり盛り上がっています。
本日観てきました。

P1010059.jpg
小さいながらも近くで見ると迫力があります。

エアクリーナーフィルター 

今日はエアーフィルターです。
ミニに限らず車には消耗品が色々と有ります。
ブレーキパッド、スパークプラグ、エンジンオイル、フィルター類などなど、交換時期が来たら交換しなければ行けません。
エアーフィルターも定期的に交換しなければ行けませんが、ミニの純正フィルターは結構長持ちします。
しかし普段走行している場所などによって汚れ方は違いますのでたまにはチェックしてみるのも良いでしょう。
交換も簡チェックも簡単です。フィルターケースの3本ネジを外して4つ角の留め金を外せばケースの蓋が外れます。 
エアフィルターの交換

たいして汚れてなければ掃除すれば大丈夫です。
かなり汚れているようでしたら新しい物に交換しましょう。

ドライブの途中で一休み。特別なかき氷!! 

残暑が続く毎日いかがお過ごしでしょうか?本日は藤沢の鵠沼海岸にあるかき氷屋さん「埜庵」をご紹介します。

ここの氷は日光の蔵元「三ツ星氷室」さんの天然氷を使用しており、氷かき機の歯は薄くさらさらに搔けるように特注で作られているらしく、今までに食べたことがない何ともいえない食感で口の中に運ぶと良い具合にとろけて、オリジナルの練乳とオリジナルのシロップが合わさり最高のハーモニーを奏で本当ににおいしかったです。

お値段は800円前後とかき氷にしては多少高価な感じはしますが、食べてみると納得してしまうこと間違い無しです。シロップも自家製でマンゴーやメロンなどもあり、いろいろと楽しめます。ドライブの途中にでも立ち寄って観て下さいね。

ちなみに、夏だけではなく一年を通して営業してるようです。

白桃ミルク 900円   いちごミルク 800円
白桃ミルク+白玉 900円+100円         いちごミルク+白玉 800円+100円

最新在庫車!試乗インプレッション!! 

99年モデル、クーパーのマニュアル車です。

内装の黒革シートの状態も良く外装も非常に綺麗なミニです。貴方も是非、ご試乗してみて下さい。



このミニの詳細はこちらをご覧下さい。99年モデル ソーラーレッドⅡ マニュアル車

フロントサブフレームマウント 

今日はフロントのサブフレームマウントの前側です。
ミニは色々とブッシュやマウントが有るとこの間書いたのですが、
その中の一つにサブフレームマウントが有ります。
フロントのサブフレームとボディーを繋ぐマウントで、前と後ろに2箇所ずつ付いてます。
今日は前側です。
剥がれてしまったマウント
写真で剥がれてしまっているのが分かるでしょうか?
場所はフロントの牽引フックの根元に付いてます。
なかなか剥がれてしまっていても気づかないで乗ってしまっているケースも多い部分です。
剥がれてしまうとステディーロッドなどがしっかり止まっていてもサブフレーム自体が動いてしまうので、振動がきたり、多少ハンドリングに影響が出たりしてしまいます。
チェックするにはジャッキアップをして確認するしか無いのですが、お店で見てもらった方が安全です。

グリスアップをしましょう。 

ミニは定期的に足廻りにグリスアップをしなければなりません。

今の車ではグリスアップをしなければ行けない車はまず無いと思いますが設計が古いミニは最終型まで必要で、大体半年に一度はした方が良いと思います。

ちなみに当店ではオイル交換の際に無料で行っております。
グリスアップポイントは全部で8箇所、フロントのボールジョイント上下、アッパーアームに一箇所、リアはアームの付け根にニップルがあります。グリスアップにはグリスガンが必要になります。
グリスガン  アッパーボールジョイントのニップル
グリスガン                    ボールジョイントのニップル
アッパーアームのニップル  リアのニップル
アッパーアームのニップル          リアのニップル

グリスアップを怠ると、ボールジョイントなどのグリスが切れガタが出やすくなってしまったり、異音の原因にもなりますので、必ず定期的に行いましょう。
フロントのグリスアップはジャッキで持ち上げる必要があるので、作業するには十分注意しましょう。