FC2ブログ

復活 (その2) by 斉藤 

画像 010

エンジンをおろしてピストンの状況を見てみましょう。
大事になっていなければイイですね。画像 001

ちょっとその前に
今日は、こんな工作をしてみました。

画像 005

こんな風にピストンとプッシュロッドを整理してみました。
どうですか。
画像 006

整理したピストンを見てみると、あ~ら大変。
これは2番ピストン。
画像 007

こちらは3番ピストンです。
さあどうしましょう。

この際、仕様変更も考えながらすすめます。
タートルカップも8月22日にに決まったみたいだし
仲間の1000CCもタートルカップに向けて仕様変更したいみたいなので、私のエンジンは少しおあずけです。

SUPER BATTLE of MINI by 斉藤 

画像 009
画像 005

6月17日は 筑波サーキットに「SUPER BATTLE of MINI」を見に行ってきました。画像 007
久々のサーキット。やっぱりイイですね。
何かワクワクしてきますね。
パドックはミニ、ミニ、ミニだらけです。
ざっと100台はきてたでしょう。画像 014
レースクラスも走行会クラスも熱い走りです。画像 012
サーキットには対向車も飛び出してくる車もいません。ましてや白バイなんていないのだから思いっきりはしれます。画像 013
走らなくても個性的な一台一台を見て歩くだけで楽しくなります。
やっぱり見てるより走りたいですね。
マシンと体を直して、8月のタートルカップと9月のスーパーバトルオブミニを目標にガンバッテみましょう。

レース記事担当 斉藤氏のご紹介。 

IMG_5817.jpg
この度、レース関係の記事を担当して頂く斉藤さんです。斉藤さんは当店事務所改装の際に大変お世話になり、たった一人だけで事務所を建てて頂きました。お願いしたときのイメージはイギリスの片田舎に有る様なガレージのイメージをお伝えした所、考えてい通りのイメージで作って頂きました。また、ご自分でも2台のミニを所有され1台はキャブクーパーをベースにワンメークレースに「ピース・ワークスミニ」で出場され過去何度か表彰台にも上がりピース・ワークスの名を広めてくれている方です。
今後、レースにおける戦績やチューンナップなどの記事を担当して頂きますので、宜しくお願い致します。
ミニのレースに興味がある方は是非、ブログチェックをお願いします。

そして復活 

DSC00695.jpg
2006年よりピースワークスのバックアップを受け1300N,GOミニクラスとピースワークスミニを走らせてきました。
2011年11月のモテギでオーバーヒートでリタイヤした後今日までエンジンは止まったままです・DSC00696.jpg
このレースのころからドライバー兼メカの私の体が不調になってきました。
2012年になり心臓手術とくも膜下出血を発症し大袈裟に言えば生死の境を体験してきました。
6月に入りようやく社会復帰をしましたのでマシンの復活と私の再起を願いブログを始めました。

オーバーヒートで止まったエンジンの圧縮を測ってみましょう。
DSC00698.jpg DSC00699.jpg
一番シリンダー                  二番シリンダー
DSC00700.jpg DSC00701.jpg
三番シリンダー                   四番シリンダー
DSC00702.jpg

DSC00703.jpg

二番三番の圧縮が低いようです。
と言うことは、ミニに良くありがちなガスケットの吹き抜けでしょう。 
やや、よく見ると二番三番のピストンにダメージがみられます。
やれやれエンジンをおろさなければなりませんね。

エンジン&ミッション オーバーホール完了 

IMG_5692.jpg
ミッションのOHが完了して、エンジンと合体させていきます。今回タイミングチェーン及びカムシャフトギア及びクランクギヤはダブルのタイプに交換しました。左がノーマルのシングル、右が今回使用したダブルのタイプです。

IMG_5766_R.jpg
今回、交換したパーツ類です。記事には入れてないですが、オイルポンプや、クラッチディスクも全て新品交換致しました。

IMG_5768_R.jpg

ピースワークス ネームプレート作製 

IMG_7254_R.jpg
今回、新たに当店のネームプレートを作製致しました。ココは青で作りました。

IMG_7251_R.jpg
キキのは赤です。これで迷子になっても安心です。最近朝帰りが多くなり心配でした。

IMG_7250_R.jpg
黒白がお母さんでキキです。白が息子のココです。息子の方がでかいです。

デフ OH 

IMG_5707.jpg
デフの部分です。

IMG_5706.jpg

画像で黒っぽく見える部分が摩擦により削れています。ここにがたが出来てそのままにして置くとデフサイドギヤーがガタガタになり異音が出たり動力がうまくドライブシャフトに伝わらなくなります。

IMG_5710.jpg
ピニオンギヤとスラストワッシャーが摩耗しています。ピニオンシャフト、ロックワッシャーと合わせて交換しました。

ミッションOH 続き 

IMG_4339_R.jpg
ミッションのシンクロリング4枚交換します。画像右に見えるギヤから数え3個目のギアの間にあるのがシンクロリングです。シンクロの内側には溝が切ってありますがその溝が減ってくると俗に言う「ギヤなり」が起こります。今回シンクロはQED製で交換しました。

IMG_4341_R.jpg
このシャフトはレイシャフトと言われるシャフトで指で指している部分に摩耗した後があり、実際に動力を伝えるギヤが刺さるシャフトなので摩耗していると問題です。これも交換します。

IMG_4347_R.jpg
このベアリングが1stモーションベアリングで、このミッションは特に破損していないようですが、反対側にある3rdモーションベアリングとあわせ新品で交換しました。

IMG_4345_R.jpg
レイシャフトが入るケースの根本にある銅製のワッシャーも摩耗していて肩が出ているので反対側と併せ交換しました。